薄くなり始め最近知ったミノキシジル|今日から始めるツゲイン

外用薬成分

AGAに効果のあるミノキシジルの詳細はコチラ

高血圧症の方が血圧を低下させる為に開発が行われ治療の為に用いられていた成分ミノキシジルとは、用いた高血圧症の方に起こる副作用症状に体毛が濃くなるという事が起こり、後の研究により頭皮に用いる事で育毛の効果が発見され育毛剤として製品化され転用されたAGA治療に有効性を示す成分になり、国内では成分を含有する市販の医薬品として外用薬を手軽に購入する事が出来るとされています。
従来までミノキシジルは血管を拡げて血液の循環を良くする事で高血圧を改善する事が出来るとして作用でしたが、血流の増加が何故、毛髪の成長を促進する事が出来るのかというと、毛髪が生えている毛穴の中には毛根が有り毛乳頭細胞と呼ばれる部位が存在し、そこにはもう一つ毛母細胞とが有るとされ、これらの下を走る毛細血管等から栄養素や酸素を血液を通して吸い上げる事で細胞が分裂を繰り返し髪を生成させると考えられており、血管の拡張作用を持つ本成分を用いる事で血管は勿論、細胞を活発にする事が出来るので髪一歩の生成を促進する事が出来るとしています。
こういった作用からAGA治療では必要な成分とされ、毛髪が薄くなる状態を作り出す原因の一つに血行が悪くなり栄養が不足する事とされるので、頭皮内を活性化させる事は薄毛を改善させる事が出来ると言われています。
国外でミノキシジルを含有する最も古い製品にロゲインという外用薬が有り、これには後発医薬品としてツゲインという製品が有り液剤用量を60mlとし含有する成分単位は2%、5%、10%の三種の規格としており、国内での販売されている外用薬と同様に頭皮に塗布する事で効果を発揮するとしており、その作用も上記に記した事に変化は無いとされていますが、国内外用薬の本成分最大含有量は5%とされているのでより高い有効性を求めるのであればツゲインは10%を最大としているのでより高い有効性が期待出来るとされています。
又、こうしたツゲイン等の外用薬は継続した使用が望まれ、少なくとも効き目を実感する迄には半年は掛かるとされているので、長いAGA治療を継続する為に少しでも費用を抑えたい方は後発医薬品の選択も一つとされます。